読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

子どものSTEM教育玩具やVRゲームなどを手がけるTwo Bit Circusが資金調達、アミューズメント施設誕生へ

f:id:pygmaliondays:20161226183957p:plain

Two Bit Circusは、ロサンゼルスにオフィスを構えるおもちゃやゲームを制作しているスタートアップ。

 

Kickstarterで特徴的なフェイスを持つペーパークラフトのフクロウのおもちゃを出品していたので、記憶にある方もいるのでは?

 

www.kickstarter.com

 

こちらは8歳以上を対象とした、基礎的なペーパークラフト、ロボット制作、プログラミングなどが学べるというおもちゃ。

流行りのSTEM教育(Science, Technology, Engineering and Mathematics)のためのものですね。特に女の子をターゲットとしてるそう。

うん、日本の8歳の女の子だと、間違いなく食いつかないだろうな。彼女たちの美意識レベルは大人と同レベルと思ってていいので。

 

中身はこやつなので、確かに結構色々できそうではある。

f:id:pygmaliondays:20161226181936p:plain

Youtube動画より)

 

日本ではこれをリカちゃんに突っ込むのがいいのかしら。

 

という余談は置いておいて、実際、STEM教育が大事とは言われているものの、下の記事にもある通り、

まだまだその分野の好奇心をくすぐるようなおもちゃや、学校外での活動(そういうスクールや、コミュニティへ子供を参加させること)に親が慣れていなくて、

結果的に子どもたちにその機会が与えられていない、特に女児を持つ親にその傾向が顕著、というのは日本もあるあるだなーと。(金持ちはこぞってプログラミングスクール行かせてるけどね)

なのでコンセプトとしては好きで、心の中でちょっぴり応援してる。

 

venturebeat.com

www.takepart.com

 

 

あとはVRに興味がある方であれば、ハリウッドで行われたVRイベント、VR On The Lotでデモが行われたVR戦闘機シミュレーター「Gunner」をDigital Domainと共同制作した会社といえば、知ってる!となるんじゃないだろうか。

youtu.be

vrinside.jp

  

そんな彼らが12/23にseries Bの資金調達を行なったそう。

Form D Action: Two Bit Circus $20.00 million Fundraising. Brent Bushnell Filed Dec 23 SEC Form - Frisco Fastball

 

調達額は$6.75M、出資したのはFoundry GroupとTechstars Venturesとのこと。(なんでインテルキャピタルだけ抜けたのかね?)

 

今回の調達資金の使い道は書いてなかったので不明。またニュースでたら更新しておきます。

 

 (ここから1/26 更新)

 1月19日にも資金調達した。

Two Bit Circus Closes $15 Million In Series B Funding | Two Bit Circus: Engineering Entertainment

 

調達額は上がって$15M、Jazz Venture Partnersが手動で電通ベンチャーズインテルキャピタル、Georgian Pine、そんでもってお馴染みメンバーFoundry GroupとTechstars Venturesとのこと。

使用目的は没入型のコンテンツが楽しめる3万平方フィートの遊園地をカリフォルニアに制作する費用にあてられるとのこと。

 

これまでは一時的なイベントでの出店などに限られて展開されていたTwo Bit Circusの世界を恒常的に楽しめるようになるんですね。

楽しみ!