読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

粉末のスティック紅茶を販売するPique Teaが$2Mの資金調達を実施

Home | Pique Tea

f:id:pygmaliondays:20170302113841p:plain

サイトより。インスタジェニック!!

 

今回紹介するのは、香港出身のCEO、Simon Chengが2016年1月にサンフランシスコで立ち上げたインスタント紅茶のスタートアップ、Pique Tea。

 

 

調達情報から先に書いてしまうと、今回の調達は$2Mで、出資したのはFirst Round CapitalTop 10 VC)とKhosla Ventures(Top 10 VC)といういい感じさ。

そもそも、スタンフォード大学アクセラレータープログラムStartXやAmazonのLaunchpad Acceleratorにも入っていたので、グングンと成長したのも、今回のVC陣営も納得といったところ。

 

www.forbes.com

 

販売の調子もすこぶる好調で、自社サイトとAmazonでのネット販売はもちろん、Whole Foodsなどの小売店での販売もすでに450店舗を超えている。またAirbnbFacebookLyftTwitter、Snapchat、Squareなどのハイテク企業のカフェテリアや、マンダリンオリエンタル、インターコンチネンタルホテルグループなどでも提供されている。

 

 

彼らが製造販売しているのは、粉末タイプのインスタント紅茶。

従来品と異なるのは、「Slow blew」と呼ばれる製法にある。高品質の茶葉を低温でゆっくりとブリューすることで、紅茶の味と天然の抗酸化物質を抽出し、それを脱水し「CRYSTALIZATION(=結晶化)」してしまう、というもの(だからロゴが結晶なのね)

Pique Tea - Detox - Spa - DailyBeauty - The Beauty Authority - NewBeauty

 

 

もともと、お茶にはカテキンと呼ばれる抗酸化物質や、アミノ酸、その他のビタミンや栄養素が含まれている。ただ、従来の製法によっては、栄養素が10〜20%まで失われるが、Piqueの場合は100%取れるとの主張。

f:id:pygmaliondays:20170302140045p:plain

サイトより

 

 

CEOのSimon Chengは子供の頃呼吸系の病気を患いがちだったようで、手術などもたくさん受けたがいまいち満足できていなかったよう。そこで気功や瞑想、東洋医学太極拳などに取り組む中で、昔から東洋でマインドフルネスとして利用されていたお茶に着目したとのこと。

 

コーヒーがあれこれいじくりまわされたので、次はお茶の世界でも同じ動きがありそうですね。コーヒーは味や舌触りの斬新さが売りだったけど、お茶に関してはより健康志向になる気がしてる。

 

 

Piqueはずっと彼一人でやっていたけど、人も増えたし、4月には4つのハーブティーと3つのフルーツティーが新たに追加されるとのこと。

まずは一旦、グリーンティーを頼んでみようと思う。届くのが楽しみ!

 

f:id:pygmaliondays:20170302140901p:plain