ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

子どもと一緒に手作りが楽しめるグッズのEC、Seedling Holdingsが資金調達を実施

 

こりゃウケるでしょう。ってサービスで、恥ずかしながら知らなかったことが不思議なレベルのECが資金調達を実施した。

 

f:id:pygmaliondays:20161130120636p:plain

(サイトTOP画面)

 

ニュースはこちらから

friscofastball.com

 

調達額は$8M。これまでの投資家を見てみるとGreycroft Partners(Top100VC)やらGV(Googleの運営しているVC)などなかなかの布陣だなと言う印象。

https://www.crunchbase.com/organization/seedling#/entity

 

 

そんなSeedling Holdingsは、カリフォルニアにオフィスを構えるスタートアップで、提供しているのは子どもと親が一緒にDIYを楽しめるような製品を取り扱うECである。

 

www.seedling.com

 

 

基本的に、一つの製品を完成させるためにキットとして素材などを詰め合わせて販売されている。

 

f:id:pygmaliondays:20161130120843p:plain

 

 

f:id:pygmaliondays:20161130120916p:plain

中身はこんな感じ。メジャーなどをつけてくれるあたりが親切。

 

 

f:id:pygmaliondays:20161130121001p:plain

あとは手順通りに、子どもと楽しく作っていくと。。

 

f:id:pygmaliondays:20161130121215p:plain

こんなに愛らしい作品が完成する。

これは子供が喜ぶ色使いだなと。そしてフォトジェニックなので、今の若い親世代にも受けそう。

 

 

 

中には、動画で製作過程を説明している製品もあったりする。

f:id:pygmaliondays:20161130121431p:plain

 

 

製品も洋服だけではなく、色々なジャンルのグッズがある模様。

f:id:pygmaliondays:20161130121511p:plain

 

 

検索の時の年齢、価格帯、カテゴリはこんな感じ。

年齢は3〜8歳以上あたりを対象にしているようだ。価格は見たところ$9〜$200と幅広い展開なので、普段の遊びから特別な日の贈り物まで対応できそう。

f:id:pygmaliondays:20161130121619p:plain

 

 

子どもって本当にクリエイティブで、ものづくりが大好きだ。

日本でも子ども向けアクティビティとしてものづくり体験ができると言うニーズは高いので、検索カテゴリとなるくらい。

iko-yo.net

 

 

そんな彼・彼女たちは次々新しいものを作り出してくれるんだが、いかんせん、どこに置いたらいいか迷うものも多くて悩まされることもしばしば…。

その点、このキットを使えば何かしら使い道があるのがいいなと。

安全なものを使用してくれてたりするしね。

 

そして今のキッズたちの親世代というのはInstagramに慣れ親しんでおり、インスタジェニック(Instagramにあげるとたくさんいいねがつくようなフォトジェニックな写真が撮れるもの)なものがだいすき。

 

 

自身が紙でドレスを製作する少女が日本でも話題になっていたり

 

rocketnews24.com

 

(もっと見たい方は彼女のアカウントを)

www.instagram.com

 

 

寝ている子どもの周りをかざりつけて撮影する、お昼寝アートなんかも大流行りした。

 

f:id:pygmaliondays:20161130123101p:plain

 

なのでこれ、日本でもどこでも確実にウケると思われる。広告費も少なく済みそう。なんせ勝手にシェアしてくれるから。

 

ただ、ざっと見て見たところ、日本では類似のものがなかった。(あったら知りたい!)

 

親が完全手作りするサイトはめちゃくちゃあるんだが、これはもはや職人技になっていて、多くの人にとってはハードルがすごく高い。

実際そこまでのレベルに到達できていないものを着せてしまって、「同じ幼稚園に通うママ友からバカにされた」「洋服が買えないのかと貧乏認定された」という愚痴まで…。

 

その点、「子どもと一緒に作ったの!」と言えることは、

たとえ少々粗雑な完成度だろうが、

この紋所が目に入らぬかああああ!!!ばりの免罪符となるので、親にとって大変ありがたいかなと思う。

 

子どもとしても何かを作る作業は大好きだし、それを親だけでなくいろんな人に見てもらって褒めてもらえるのはすごく嬉しい体験となるはず。

 

ロフトなどが自由工作を主目的として、DIYのグッズは色々扱っている実績があるので、ああいうあたりがスタートアップと組んでやってはどうかな?