ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

人参のパスタに黒豆ブラウニー、トリコになる美味しさと手軽さを備えた自然食を届けてくれるHungryrootが770万ドルの資金調達

 

f:id:pygmaliondays:20170131114143p:plain

(サイトトップ画面)

 

 

今回紹介するのは、ニューヨークにオフィスを構えるベジタリアン食や自然食キットを販売するHungryroot。

 

 

www.hungryroot.com

 

昨今のアメリカはもちろん世界的に見られる健康志向の高まりの中、色々とヘルシーフードのスタートアップは立ち上がっているが、彼らは健康的な食生活を送ることで「食の喜び」を犠牲にしないことを大切にしている。

 

シェフのFranklin Becker氏は、27歳の時に2型糖尿病と診断され、さらにその後すぐ、息子も自閉症だということがわかったという。

色々と勉強する中で野菜や果物を多く取り入れることが好影響を与えるとわかったが、今まで世の中にあった健康食品では満足ができなかった。

食事の喜びが犠牲になっていたという。

 

なので、彼は炭水化物や脂肪と糖を減らし、野菜をたくさん使って「自分の大好きな料理」を作ることにしたという。

 

f:id:pygmaliondays:20170131115353p:plain

(サイト画面より)

 

 

そんな彼らの提供する料理は、カリフラワーのライスを使ったモロッカンアーモンドカレーやシラチャーピーナッツと人参のピリ辛ヌードル、コチュジャン味の大根ヌードルなど一風変わったメニューが特徴。

ミールからサイドメニュー、スイーツ、スナック、朝食までジャンルも豊富なので見ていて楽しく、そして何より美味しそう!

 

f:id:pygmaliondays:20170131114640p:plain

(サイト画面より)

 

全て7分以内の調理で食べられるし、一人分の食事量ずつの販売なので、単身者でも無理なく手軽に健康的な食生活を取り入れることができる。

そして驚くのが値段も一つ$5〜$10くらいなんですよね。他のお店のやつとほんと同じ値段感。そりゃこっち買うわって感じ。

 

 

2015年の創業以来急成長していて、今は年間100万食を売り上げているそうだ。

 

 

そんなわけで1/26に、めでたく3回目の資金調達となった。

fortune.com

 

調達額は$7.7M。Crosslink Capital(Top 100 VC)、Lerer Hippeau Ventures(Top 100 VC)、 Lightspeed Venture Partners(Top 100 VC)、Great Oaks Venture Capital、KarpReilly。

 

さすがの布陣! ヘルシー系はLightspeed Venture Partnersのサポートが効きそうです。

 

今回調達した資金は 新しい従業員の雇用やマーケティング・プロモーション費用に充てられるとのこと。

 

共同創業者の Benjamin McKeanが言っていた通り、「罪悪感がない」食事は

“We’ve learned that people want foods they can associate with something indulgent,” McKean says. “Because our food is healthy, it’s the indulgence without the guilt.” 

Exclusive: HungryRoot Raises $7.7 Million to Sell Healthy Comfort Food | Fortune.com

 

 

Franklin Becker氏がいう「食の喜び」を満喫できる。

日本でも売って欲しい!