読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pygmaliondays

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

面談前にあれこれ情報収集、してるよね?「ACCOMPANY」があればそれが不要になるかも知れない

BtoB営業などの方はもちろん、普段はメインの仕事はそうではなくても、

誰かと面談をすることになった時は、

社会人の皆さんはきっと事前にネットなどで情報収集をされていることと思う。

 

そしてこれがまた結構、時間がかかったりする。

 

それを変えようとしているスタートアップ「ACCOMPANY」が、この度(12/5)資金調達を行った。

fortune.com

 

シリーズはC、調達額は$20M。CRV(Top 100 VC)とIgnition Partners。

CRVは最初のラウンドからずっと出してるなあ。

(めちゃくちゃ話がそれるが、CRVというとほとんどのシリコンバレー関係者が反トランプだった例に漏れず、中でも結構激しめに打ち出していた印象が残っているんだが、今後どうするのかな。)

 

 

 

話を元に戻して、ACCOMPANYのことを少し説明する。詳しくはサイトへどうぞ。

www.accompany.com

 

 

彼らはLos Altosにオフィスを構える、人工知能を使ってミーティング前の情報収集を効率化してくれるアプリを提供している企業。特に経営者向けのサービス感が強いけど、それ以外の人にも使えそうだなって印象。

アプリは無料で、現在はベータ版を提供中。

 

使い方は、アプリをダウンロードして、アプリにGmailMicrosoftアカウントのメール、FacebookTwitterなどあらゆるものを同期させる。

そうすると連絡先リストの一人一人に対して情報を収集・解析し、書類を作成してくれるようなイメージだ。

その後はアプリを開くと、カレンダーが表示されて、自分の会議の予定が一覧でわかる。

その各アポイントメントをタッチすると、参加者が表示されて、その人について知っておくべき情報がずらっとフィードで出てくるという仕組みだ。

 

f:id:pygmaliondays:20161208105507p:plain

(ACCOMPANYサイトより)

 

その人自身の情報(Twitterでの投稿なども含む)はもちろん、所属している会社の情報も表示されるとのこと。

さらにメールでのやり取りも参照できるとか。(これ大事。探すの割と手間なんですよね)

 

フォーチュンのニュースでも書かれているが、Linkedinとバチバチの競合だ。

Linkedinの利便性についてはとってもわかりやすくまとめていらっしゃるのでこちら見て欲しい。

liginc.co.jp

 

割と便利な機能は多いんだがいかんせん打ち込み作業が多く、ズボラな人間にはなかなかに辛いものが…。

見ていても、著名な人物や転職活動に使ってそうなアカウントを除いては、写真の設定や経歴の設定を途中で投げ出したっぽいアカウントが割と散見される…かくいう私も完全放置(見る専門)なので人のことが言えないが。

 

あらゆるものを一つのアプリに連携させるのは結構心理的ハードル高めではあるが、便利さに負けて使い出す気がする。少なくとも小生なら使いたい。

 大企業の一社員よりは、IT界隈やスタートアップ界隈の経営者の中でじわじわ浸透していきそう。