ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

女性向けランジェリーのECサイトLIVELYが$4Mの資金調達

なぜかLIVELYって名前のスタートアップは色々あるけど、今回調達を行なったのはニューヨーク発のランジェリーECを運営するスタートアップ。

 

www.wearlively.com

 

今回の調達はSeedラウンドで総額$4M。

出資したのはGelmart International(ファッションアパレルの大手)、 GGV Capital(Top 100 VC)、Harvey Sanders、Leandra Medine、Andrew Goletka。

techcrunch.com

www.pehub.com

 

 

 

下着の市場は非常に大きく、$13Bと言われている。とはいえ、下着という、テック系と比べればイノベーションが少ないものが、なんで今更これだけの調達を?と思うかも知れない。

それは創業者のMichelle Cordeiro Grant氏がド派手なショーで話題を呼ぶ、ビクトリアズ・シークレット(Victoria's secret)のオンライン部門の幹部だったことに対する期待の表れというのが答えの一つだろう。

 

 

http://ell.h-cdn.co/assets/15/46/980x490/landscape-1447175108-angels-index.jpg

 

彼女のコメントによると、今の下着業界というのは男性が作って来たものであり、女性が求めているものとちょっとズレがある、とのこと。

実際に好調だと思われているVictoria's secretも、モデルたちの体型が全員非現実的であることなどから批判を受けたり、ミレニアム世代からの受けが悪くなっているなどの苦境に立っている。

 

 

LIVELYはサイトを見てもらうと非常にわかりやすいが、

彼女たちが提案するセクシーは「健康的」で「アクティブ」に日常を楽しむスタイル。

f:id:pygmaliondays:20161028105336p:plain

 

大きめのサイズも豊富であるし、デザインも非常にシンプルで、見るからにつけ心地の良さそうなものが中心。

 

一番押し出している「Bralettes」はおそらくノンワイヤーで、ゴムバンドで胸を優しくホールドしているもの。ラインも洋服に響かなさそう。

f:id:pygmaliondays:20161028110635p:plain

 

「Push-Up」、いわゆる既存メーカーが主流で売っている「盛りブラ」でさえこのシンプルさだ。

f:id:pygmaliondays:20161028110641p:plain

 

 

近年、女性たちが下着に求めることが非常に変わって来ているなと感じる。

これまでは男性目線で作られた下着を身につけ、男性に受けること(大きい胸に見せるなど)が重要なことだったが、

 

ちょっと前に書いた記事に登場した「 Ysé」や「feast 」はそれぞれシンプルとファンシーというジャンルこそ違うが、どちらも「小さい胸の人だからこそ似合うランジェリー」を販売し人気を博しているなど、

 

pygmaliondays.hatenablog.com

 

自分の身体に合っていて、それを無理に変形させることなく楽しめるもの、なおかつ着心地のいいものが強く求められているなと感じる。

 

これは下着以外にも言えることだと思う。若い世代は背伸びをして無理矢理に自分を良く見せることよりも、リアルな自分を楽しめるようにブランドに手伝って欲しいと望んでいる。こうしろああしろと上から目線で指図を受けることを求めていない。

 

しかし、値段が中程度以上のものを扱うブランドやファッション業界については既存の大手たちが未だに過去の態度を取り続けているところが多いように感じている。

 

なので、意外とこの分野はスタートアップが活躍できる、もしかしたら天下を獲ることも可能な場所だと思っている。

Warby ParkerやEverlaneを軽く超えていけるくらい成功するといいね!