ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

ECプラットフォームのオープンソースを提供するReaction Commerceが$2.7Mの資金調達

Reaction Commerceは、Los AngelesにオフィスがあるECサイト用のJavaScriptプラットフォームのオープンソースを提供しているスタートアップ。ページのリロードの必要なしにリアルタイムにアップデート(リプライシング)などができるというのが特徴。

 

www.benzinga.com

 

 

f:id:pygmaliondays:20161007110332p:plain

 

 

 

今回の調達額は$2.7Mで、出資したのはCrossCut VenturesやDouble M Partnersなど。

CrossCutはスタイリストが自宅まで訪問してコーデしてくれて服を購入できるBoon + Gableなどに出資していたVCなので聞いたことがある人もいるかな?

また今回の調達と合わせてベータ版のリリースや開発パートナープログラムなども発表したので、今後もっと改善が進みそう。

 

また、CEOのSara Hicks氏は過去にEtsyでヴァイスプレジテント・プロダクトマネジメントの経験があったりと元々EC業界で活躍していた人なので、事業者側の痛みなんかもよく理解していそうだ。

2013年の創業時から現在まででα版ながら約8750のショップが立ち上がっている。

 

確かに、オンラインショップ作成のためのガイダンスページも結構丁寧でわかりやすいなという印象。

 

細かくカテゴリ分けされていて、画像付きで丁寧にワンステップずつ説明しているものが多い。

 

f:id:pygmaliondays:20161007112628p:plain

 

 

オープンチャットもあるので手軽に質問しやすいし。

f:id:pygmaliondays:20161007112742p:plain

 

 

ベータ版では14,000店舗を目指すとか。

いつ頃この数値を達成できるかを見ておきたいなと!