読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pygmaliondays

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

Thrive GlobalがSeriesAの資金調達を実施

 

www.thriveglobal.com

 

Thrive Globalはニューヨーク発のスタートアップ。

 

調達額は$7Mで、投資家は以下の通り。

Advancit Capital, Andre Igoudala, Blue Pool Capital, Female Founders Fund, Fred Harman, Greycroft Partners, Gunnar Lovelace, Isabella Huffington, Joanna Coles, Lerer Hippeau Ventures, Mohamed El-Erian, Nick Green , Nicolas Berggruen, Ray Dalio, Sean Parker and Zoe Baird

 

まだろくにサイトも出来ていないような状態でも、これだけ資金調達ができたのは、何よりCEO、アリアナ・ハフィントンのネームバリューあってこそ。

 

f:id:pygmaliondays:20160817180915j:plain

リベラル系ニュースサイト『ハフィントン・ポスト』の創設者として有名。

2003年、カリフォルニア州知事選挙に独立候補者として出馬.[1] 。 2009年には、フォーブズ誌による「メディア界で最も影響力のある女性」の12位に選出された[2]ガーディアン誌選出の「メディア界のトップ100人」の42位にも選出されている[3]

 

IBIS Worldによれば、今後2年間で世界的に$10.4Bに達すると言われているコーポレート・ウェルネス市場。

あまり馴染みがないかもしれないが、ざっくり言えば社員の健康維持のための活動。

 

健康診断などで今病気じゃないかどうかだけを見るんじゃなく、もうちょっと広義に、長い目で健康について考え、

従業員の心と体の健康を重要な経営資源として捉えて、福利厚生で好調な状態を維持できるように取り組みましょうよ、という流れのこと。

 

 

今のところ、2軸のサービスを展開していく予定のようだ。

 

・ウェルネスセミナーやコーチング(オンライン含む)とその他のITサービス(従業員が休暇中にメールを管理するためのアプリ)の提供により、ユーザーのストレスと疲労を減少させ、健康や心身の充実を図るサービス

現在はアクセンチュアコンサルタントのためのパイロット訓練プログラムを開発中だとか。

 

・ウェルネス関連グッズやサービスのECサイト

実際の物(キャンドルやマットなど)からサービス(アプリなど)まで幅広く取り扱うとのこと。

ここでは糖尿病管理の”Livongo Health” や”Doctor on Demand”などの医療系スタートアップとも提携していくようだ。

 

 

正直に言ってあんまり新規性を感じられていないけど、ハフィントンポストを辞めてまで取り組むという彼女ならなんとかするんだろうって期待感が投資させたのかな?

 

今後の動きがきになるところ。