ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

農家による農家のためのネットワーク、Farmers Business Networkが資金調達

 

f:id:pygmaliondays:20160817154400p:plain

www.farmersbusinessnetwork.com

 

8/9に発表。SeriesBの金額は$20MでAcre Venture Partners、DBL Partners、Google Ventures のほか Kleiner Perkins Caufield & Byersが出資。

 

これまで、農家は肥料や種の選定の際には、論文を参考にしたり販売業者の営業文句で判断したりするしかなかった。しかしその方法では、農家の実情に合っていないことも多く、偏った・不十分な情報であったために、生産・売上の最大化に貢献できていなかった。

 

そこで、FBNが大量のデータを集め、正規化し、その分析結果を見られるダッシュボードを提供している。そこでは、地域の気象や土壌データなど、外部情報も利用される。FBNのネットワークに参加している農家からの、それらの報告に基づいて農家は、高収量を望める作物とその生産方法について、情報に裏打ちされた意思決定ができる。

 

現代の農業機械の高度化もこのサービスを可能にしたキーだ。現在の機械は播種の方法から土壌成分の変化まで、あらゆることを記録できるようになっている。

ただ、一気に出てきてもそれを全て活かせる農家というのは一握り。だから35種類の農業用ソフトウェアからのデータなども統合され、FBNの提供するサービスに一つにまとまっている。

 

また本サービスはPCやタブレットはもちろん、スマホから閲覧することも可能。

f:id:pygmaliondays:20160817160109p:plain

 

自社農園以外も含めた多くのデータを収集・比較・分析しものを手軽に利用できる。

これが強み。

 

今のところサービスはアメリカで集めたデータのみ。

中でも、大規模農園を持つ農家にフォーカスしていそう。

日本だとあまり顧客になりそうな農家はいないのかな。

 

引き続き注目。