ピグマリオン効果使える人になりたい

夢を見ない人間に未来はない。企業という言葉は創造と同義である。

イスラエル軍 iPadを兵士が常時携帯、大きな成果へ

2015年と古い記事ですが、非常に今後が気になるので備忘録に。

 

イスラエルが7週間にわたりパレスチナに対して行ったガザ侵攻で、中隊の指揮官たちはiPadを絶えず携行していたとBloombergが報じたもの。

 

news.livedoor.com

 

彼らはバカンスの時であっても、徴兵されている間は武器を常時携帯しており、ビーチでビキニ姿にM-16自動小銃を抱えた女性が普通にいることが有名だが、ついにモバイル端末もそういうアイテムの一つになったんだなと。

f:id:pygmaliondays:20160630105019p:plain

http://www.xinhuaxia.jp/social/55861 より)

 

 

ガザ侵攻は、イスラエル軍にとって戦闘の状況や、基地と味方の部隊の位置情報を、完全に統合されたネットワークを利用し同時に共有した、初めての戦争だったそう。

これは戦闘に参加する兵士すべてが、同時に同じ状況を把握することが出来るようになったということ。

 

戦争においては、白兵部隊との連絡の正確性と速度は非常に重要なので、彼らからの情報がリアルタイムに手に入るのはかなりの強みになると思う。

 

実際にガザ侵攻では、イスラエル軍は海からイスラエル南部に侵入するパレスチナ軍を発見し、ライブ映像をネットワーク上に公開。

このライブ映像を元に、空軍が現地上空に無人攻撃機(ドローン)を送って、海軍と陸軍の協力の下、即座に敵を攻撃することができた。

 

またアラート機能などもついているそうで、後方部隊が取得した情報を白兵部隊に流すのもスピーディーなようだ。

 

 

これを整備するには当然かなりのレベルのセキュリティが要求されるわけであって、

ここを出た隊員が今後どんな事業に携わる、または興すのかが非常に楽しみ。